先週の土曜日、9月5日に幼児クラスの親子を対象とした「からふるキッズ」を行いました。
おゆみ野での開催は3回目になります。
保育園の子ども達に身近な事象について、簡単な実験を通してわかりやすく教え、
科学に興味を持ってもらう事を目的にしています。

今回「表面張力」について学ぶ為にシャボン玉の実験を行いました。
DSCN9604


からふるキッズの先生、
グリーン、オレンジ、ピンクの
登場で実験を進めていきます。






<表面張力の実験~コップの水~>
グループごとにコップにいっぱいの水を入れ、そこにさらにスポイトで水を垂らしていきます。
ぎりぎりのところまで水を加え、横から見ると、水が盛り上がって見えます。
水が引っ張りあっているので盛り上がっていてもこぼれません。
そこに「魔法の水」の洗剤をつまようじで垂らすと、水がこぼれます。
水がこぼれ瞬間に「うわっなんでこぼれたの」と不思議そうな声が聞かれました。
洗剤を入れる事で水が引きあう力が緩んでこぼれてしまったわけです。
DSCN9594DSCN9596









<表面張力の実験~一円玉落とし~>
同じように、ピーンと張っている水が緩む瞬間を違う実験で体験。
お皿の上に1円玉をそっと乗せていきます。1円玉が浮かんだら、また魔法の水(洗剤)を
たらしてみます。すると・・・・
1円玉が沈みましたこれもみんなびっくり水が引っ張り合う力や魔法の水(洗剤)で緩む様子が
よくわかりました。
DSCN9598DSCN9599









DSCN9600DSCN9602








DSCN9603











<シャボン玉作り>
水の仕組みがわかったところで水と洗剤でシャボン玉作りをしました。
お皿に入れて、ストローを使ってゆっくり混ぜていきます。
そっ~と液にストローを付けて吹いてみるとシャボン玉ができました。
みんなでグループごとにくじを引いて色々シャボン液も作りました。
・水のり・はちみつ・シロップ・洗濯のり
それぞれどんなシャボン玉ができるかな?外で実験してみよう
DSCN9605DSCN9606









DSCN9607DSCN9609









<シャボン玉の中に入ろう!>
室内では大きなシャボン玉に入る実験も行いました。
自分が大きなシャボン玉になったみたいな不思議で楽しい体験をする事ができました。
DSCN9613DSCN9616








DSCN9619DSCN9627










DSCN9628DSCN9631










<色々なシャボン玉を作ってみよう!>
外の人工芝に出て、お部屋で作ったさまざまなシャボン液を使って、
さらに、うちわの骨組み、ハンガーやひもで作ったしゃぼん玉を作る輪で色々なシャボン玉を作って
楽しみました。
DSCN9635DSCN9636










DSCN9645DSCN9633










ペットボトルを半分に切った物に、タオル地をかぶせて、輪ゴムでしっかり留めると、
バブルスモークメーカーができます。タオル地にシャボン液をしみこませて、
飲み口から息を吹き入れると・・・もくもくもくもくもく泡がたくさん出てきて、
へびのように長~く煙のように続いていきました。
「すごいねこんなに長くなったよ」とどんどん続く泡の不思議に興味津々の子ども達でした。
DSCN9656DSCN9657










DSCN9664DSCN9660













DSCN9665DSCN9663









DSCN9666


最後はみんなで
「♪実験、実験、
大成功~♪!」
グリ~ン
ピンク
オレンジ
ありがとう




シャボン玉の仕組みは洗剤と水を合わせる事で洗剤の中の「界面活性剤」という成分が
水の表面張力の働きを抑えながら、水とともに膜を形成してできています。
表面張力の仕組みと合わせて、実験を通して科学的に考えていく事に、
保護者の方も一緒に興味を持っていただけたらと思います。
少し難しい事もありましたが、楽しい実験を子ども達と行う事ができました。
ご参加いただきました保護者の皆さま、ご協力いただきありがとうございました。

次回は12月5日の土曜日に開催します。また楽しい実験を行いますのでお楽しみに