先日2月3日(水)は節分。保育園でも節分の行事を行いました。
ぱくぞうぐみのお部屋にみんな集まってお話を聞きました。みんなそれぞれ自分達で作った
鬼のお面を付けて。かわいい鬼達の集合です。
DSCN1776DSCN1777








そして、それぞれのクラスの鬼のお面の紹介をしました。
DSCN1781



<ひよこぐみ>
一番小さいひよこぐみは鬼の頭の
部分をクレヨンで塗りました。
自分達で作った鬼が気にいって
紹介の時の前に出てきてよく見せて
くれていました。





DSCN1785




<りすぐみ>
りすぐみは目、鼻、口、角をそれぞれ
顔にのり付けしたり、クレヨンで
色をつけて、それぞれの子によって
表情があるかわいい鬼を作り
ました。



DSCN1788



<うさぎぐみ>
うさぎぐみも顔や髪の毛の
部分も自分達で好きなように
のり付けしました。
全員出てきて元気にお面を
紹介してくれていました。    


<ぱくぞうぐみ>
ぱくぞうぐみはお家から用意してもらった紙袋に目の穴をあけたり、色紙で飾りつけしたりして自分だけの鬼を作りました。これをかぶって後でみんな鬼役になります。 
BlogPaintBlogPaint
 












鬼のお面の紹介の後は、鬼のお話のペープサート見たり、紙芝居を見ました。
「節分は冬から春になる季節の境目で、その境目に鬼がやってくるんだよ。」
「鬼は豆を当てると痛くて逃げていくんだよ、そして、ひいらぎの葉っぱは目に刺さると痛くて、いわしの頭は臭いから苦手な物で、それを飾っておくと鬼はこないんだよ。」
と節分の由来や内容についてお話をしました。
BlogPaintBlogPaint









その頃・・・ひよこぐみ、りすぐみでは先生達と子ども達の豆まきが始まっていました。
「おにがきたよ~」と先生達がやさしく子ども達に向かっていくと、新聞紙で作った玉を先生達に投げていました。
大好きな先生達が鬼なのがわかっているので泣いたりする姿もなく、みなにこにこうれしそうでした。
ひよこぐみさんには福の神もやってきましたよ。
DSCN1803DSCN1805











DSCN1807


DSCN1811










DSCN5547DSCN5548










さて、先生達の鬼が終わると、今度はお話を終えてぱくぞうぐみの子ども達がそれぞれのクラスに分かれて鬼役でお部屋に入ってきました。今度はぱくぞう鬼に向かって「鬼は~そと」りすぐみの子達はお面をかぶった子が誰だかわからなくて恐かったようで、「こわいよ~」と泣いてしまう子もいました。
DSCN1819DSCN1823









DSCN5545DSCN5558









DSCN1828DSCN5923









DSCN1846

鬼役を終えたぱくぞうぐみが自分達の部屋に戻り、ビニール袋で作った赤鬼、青鬼に落花生で豆まきをしていると、本物の鬼が






「怖い~」と泣いて逃げる子もいましたが、「ぼくがやっつける」と言って勇敢に戦ってくれる子も多く、みな元気に落花生をまいてくれました。
DSCN1840DSCN1841








なかなか鬼が退散してくれず・・・そこで、「よしっ先生がやっつけるから大丈夫だよ」と園長先生が やいかがし を持って登場やいかがしを見たとたん鬼は嫌がって玄関の方へ逃げていってしまいました。
DSCN1849DSCN1850












DSCN1852



ぱくぞうぐみのみんな集めて「やいかがし」のお話をしました。
「ひいらぎのはっぱといわしのあたまがちゃんとついているでしょう今日は玄関に飾っておくからもう鬼は入ってこないよ。」と伝えると安心していました。




「やいかがし」は今週中飾っていました。「鬼がこなくて安心だね。」と言っていた子ども達でしたが、「鬼はみんなの中にもいるんだよ、おこりんぼ鬼、意地悪鬼、泣き虫鬼、大声鬼・・・たくさんいるからみんなが鬼を増やさないように気をつけようね。」とお話すると真剣な表情をしていました。
各クラス、ぱくぞう鬼と一緒に写真撮影をしました。ご家庭では豆まきができたでしょうか皆さまのご家庭に、福がきますように。
DSCN5564














DSCN5569












DSCN1837












DSCN1853














15