DSCN5824


12日の土曜日、
からふるキッズを行いました。
13組のぱくぞうぐみの親子の皆様に参加
していただきました。
今回から”からふるレッド・からふるイエロー”
がからふる戦士として登場し、科学の事象に
ついて教えに来てくれました。
DSCN5832


今回は「摩擦」についての実験。
レールの上に小さい積み木を滑らせます。
プラスチック面と下の傾斜の途中には布が
貼り付けてあるざらざらの面があります。
さぁ、積み木は下まで滑りきるかな
上から滑らせると、布が貼ってあるところで
ぴたっと止まってしまいました。
これも摩擦の力で動く強さを表しています。
DSCN5834


次にペットボトルの中に砂をたくさん入れて、
そこに割り箸を挿したらどうなるかの実験。
割り箸を持ちあげてみると・・・
ペットボトルを触らなくても、たくさん砂が
入っているボトルを持ちあげる事ができました。
これもぎゅうぎゅうに詰め込まれるほど
摩擦力が大きくなるという事を表しています。


早速みんなもお家の方と実験してみました。たくさん石を入れたら、割り箸を挿して見て・・・「ほらっ持ちあがったよ
DSCN5836DSCN5837DSCN5838DSCN5841DSCN5842DSCN5844DSCN5845DSCN5846















































DSCN5851


今度は2冊のメモ帳を一枚づつはさんで、両側からひっぱる実験。
どんなに力を入れても
メモ帳は抜けません。
これも何枚も紙を重ねる事で
摩擦力が何倍にもなり摩擦力が
大きくなる事を表しています。


みんなもお家の方とチャレンジ上手にページを重ねて、重ねて・・・思いっきりひっぱってでも絶対に抜けません
DSCN5853DSCN5855DSCN5860DSCN5861DSCN5862DSCN5863DSCN5864DSCN5865DSCN5867
















































DSCN5869


みんなの体を使ってよりわかりやすく、ページが重なった新聞紙にぶら下がってみる実験も。ひっぱると、軽々みんなを持ちあげてしまいます。摩擦の力の強さがよりわかります。
お父さん達にもお手伝いしてもらい、みんなぶら下がってみるのを体験しました。




DSCN5870DSCN5873DSCN5877DSCN5878


















次は工作。ホバークラフトを作って、摩擦の体験をします。ビニール袋の真ん中にに丸く穴をあけ、開いている口側をふさぎます。穴が開いていない方の面に四角の箱を付けて、穴が開いている方を下にしてそこから空気が入るようにします。すると、ビニール袋の中は膨らんで、箱を滑らせると、シューッと床をすべっていきます。これは、床との間に「空気の層」ができ、摩擦力を小さくする事で、少しの力を加えただけで物を動かす事ができるようになる実験です。みんなもそれぞれ自分のホバークラフトを作り、滑らせてみました。
DSCN5883DSCN5886DSCN5888DSCN5890DSCN5892DSCN5894DSCN5896DSCN5900DSCN5905


















































最後にもっと大きなホバークラフトに実際乗って、体で空気による摩擦の力を体感します。お家の方に動かしてもらいながら、体感する事ができました。
DSCN5912DSCN5915




DSCN5917DSCN5918DSCN5920DSCN5924DSCN5927DSCN5930DSCN5931DSCN5934











































最後は「実験、実験、大成功」みんなで踊って楽しく終える事ができました。摩擦の説明は難しかったけれど、実際に見たり、作ったり、体験する事で感じる事はあったのではと思います。今度のからふるキッズはまた来年。実験を通して色々な事象について学んでいきたいと思います。
DSCN5937