DSCN6676
明けましておめでとうございます。
 
本年もよろしくお願いたします。

年が明けて、保育園では
子ども達が元気に登園して
くれています。
お正月が終わって、
1月7日は七草。
人日の節句(1月7日)の朝に
7種類の春の野菜が入った
お粥を食べる風習の事をいいます。
保育園でも今日、七草について
触れてみました。


<ひよこ・りすぐみ>
七草を触ってみたり、匂を嗅いでみたり、説明は難しいけれど、「お野菜」という事はわかって興味津々に手にとっていました。
おやつの七草粥も「おいしい」と言ってうれしそうに食べてくれました。
DSCN6679BlogPaint














DSCN6682DSCN6688DSCN6692BlogPaintDSCN6691DSCN6720DSCN6722






































<うさぎ・ぱくぞうぐみ>
うさぎぐみは給食の前に七草のお話をして、どんな名前があるか、また、七草を食べるとお正月で疲れたお腹にもやさしい事を話しつつ、お正月料理のお話もしました。おせちの写真を見せると、「これ食べたよ」とお話してくれる子もいて、子ども達の中でもなじんでいるんだなと思いました。
ぱくぞうぐみはおやつの前にお話を。一つひとつの七草の意味を伝えて、名前も子ども達と言ってみました。
DSCN6694DSCN6695DSCN6698DSCN6696DSCN6712DSCN8051DSCN6716DSCN6717










































七草は春の代表的な七種の菜で、せり・なずな・ごぎょう・はこべ・ほとけのざ・すずな・すずしろです。七草粥は、春の七草や餅などを具在とする塩味の粥で、その1年の無病息災を願って食べられるそうです。
ご家庭でも食べられるでしょうか子ども達とご家庭でも食べながら七草について楽しくお話ができるといいですね。