DSCN9179




今日は節分。
みんなで集まって豆まきを
しました。
まず、節分のお話。
なぜ節分に豆をまくのかな


クイズ形式でそれぞれ質問していきます。
「食べる豆の数は何粒」「鬼が一番嫌いな物は」「鬼はなぜトラのパンツをはいてるの
みんな悩みながら質問に答え、クイズを楽しんでいました。
DSCN9180DSCN9183DSCN9184


















それぞれ節分に合わせて、クラスで鬼のお面も作りました。ビニールや紙袋、画用紙等を使って色々な鬼のお面ができました。
BlogPaintBlogPaintDSCN9193DSCN9196DSCN9208






















それぞれのクラスに戻り、豆まきの準備。
ぱくぞうぐみの子達が鬼役となり、
ひよこぐみ・りすぐみ・うさぎぐみに
それぞれ分かれて向かいました。




<ひよこぐみ>
ぱんだぐみの子達が鬼役。鬼が入ってくると、不思議そうな顔をしながら鬼を見つめていました。近くまでくると泣きそうになる子もいましたが、遊びの中でボール投げを覚えた子はえいっと上手に手からボールを投げようとしていました。ぱんだぐみの子達もあまり怖がらせないように、そ~っと近づいて、とってもやさしい鬼でした。
BlogPaintBlogPaintBlogPaintBlogPaint





















<りすぐみ>
くまぐみの子達が鬼役。くまぐみの子達もそっとやさしく恐がらせないようにお部屋に入りましたが、りすぐみの子達は側に来ても恐がる事なく、ボールを真剣な顔で投げている子が多く、鬼に負けない様子が見られました。
DSCN9207DSCN9205DSCN9217DSCN9220DSCN9222





























<うさぎぐみ>
鬼役はぞうぐみ。うさぎぐみの子達は遊びの中で壁に飾った鬼の絵にボールを投げる遊びを繰り返しやっていたので、とても投げるのが上手で、鬼役の子達がわーっと追いかけてきても負けずに、確実にボールを投げて当てて楽しんでいました。
DSCN9209DSCN9211DSCN9229DSCN9230DSCN9233DSCN9234





























<ぱくぞうぐみ>
鬼役が終わって部屋に帰り、ぱくぞうぐみでも豆まきを行いました。千葉の地域は落花生をまきます。コップに落花生を入れて準備万端。あれ窓の外に何かいる「あっ鬼だ」ぱんだぐみの子達、女の子達は慌てて集まり、玄関から鬼が入ってくると恐くて泣いてしまいました。そんな中、鬼に負けずに立ち向かっていく子もいて、「おには~そと」と元気な声で豆をまいてくれました。
DSCN9241DSCN9239DSCN9242DSCN9247DSCN9249DSCN9251
DSCN9259































最後は園長先生が
「やいかがし」を持って
「おには~そと
と鬼に向けると、
鬼は嫌がって
逃げていきました。



「やいかがし」はひいらぎの葉っぱにいわしの頭がのっていて、ひいらぎの葉は鬼の目を刺し、いわしの、臭いにおいで鬼が逃げていくと言われています。「玄関に飾ったから、もう鬼は入ってこれないね」と伝えると、「よかった~」と安心していた子ども達でした。
給食には、イワシの揚げ団子と大豆も煮物の中に入っていました。これで体も鬼に負けない元気な体になりますね。
「節分」は季節の変わり目の事で、立春を迎えた次の日に新しく春を迎える日として1年でもっとも2月3日が節分としてふさわしく、この日に様々な邪気を祓うという事で鬼を祓い、豆をまくそうです。
ご家庭でも豆まきをして新しい春を迎えられるといいですね。
DSCN9261DSCN9264